中学校卒業式

今日は市内各中学校で卒業式。私は、武雄中に向かいました。

武雄中といえば、去年、荒れに荒れ、とても心配していました。僕の武雄中時代も、そりゃ、当時校内暴力の代表校のようなところで、上級生から僕らの目の前で先生がぶん殴られていました。

その当時の再来というくらいにいろんな問題が起きていましたが、先生、保護者、地域の皆さんの地の滲むような取組で徐々に回復していました。

問題の起きている中学校に自分自身が出向きたいという意向から、2年続けて武雄中へ。何人かの方々から、僕の身を案じて、「市長、今年は出ないほうがいいよ。」とのお話もありました。

しかし、私自身は全く心配していなかったのですが、皆さんの心配は全くの杞憂でした。2時間半弱。涙々の素晴らしい卒業式でした。
d0047811_2322990.jpg


僕らのときは、今もご健在ですが、その荒廃した中学を一気に建て直したのは、石丸三郎校長先生。私自身、未だに私淑しています。あれから25年経って、大庭弘毅校長先生。

大庭先生は、私にもずっと、「卒業式は素晴らしいものになりますから」とお話されていました。まさにそのとおりになり、武雄中の卒業式が素晴らしかったことは、午後には、もうまちの話題にのぼっていました。

壇上。伝説の石丸校長先生と現役の大庭校長先生が重なり、瞼が熱くなりました。私にとっては、トップの持つ意味を重く受け止めたひとときになりました。

卒業生の何人かが、僕に対して、「市長、ブログ読んでます。頑張ってください。」と声をかけてもらいましたが、全ての卒業生の皆さん、おめでとう。
d0047811_233777.jpg


今日は東奔西走。議会だったり、九州ひぜん信用金庫のお祝い、交通安全指導員の皆さんの懇親会だったりするわけですが、さすがに夕方は息が上がりました。

しかし、今晩は、黒岩議員さんと、北方町掛橋地区で市長と語る会。40人以上の皆さんに集まって頂き、熱いエールを頂きました。本当に皆さん、温かいなぁってしみじみ。4年間、私利私欲無く、無我夢中で走ってきて、少し、選挙という踊り場で立ち止まってみると、いろんな光景が見えるようです。

昨晩の山内町三間坂駅通り地区でもそうなんですが、休むよりも、何倍となくエネルギーを頂く集会となりました。山口さんを始め、皆さん、ありがとうございました。
by fromhotelhibiscus | 2010-03-12 23:03
<< 日本観光ガイド 医師会の皆さんの良識に期待します。 >>