山口果物と大阪府庁と総理と

d0047811_23225152.jpg

今朝は、市長、助役と打合せから始まり、9時半にMさん、10時には違うMさんがお越しに。前者のMさんとは教育談義で意気投合。自分自身が、保育園一旦中退(ちゃんと卒業しましたよ)、高校時代は後半明るい引きこもり、大学時代は一時期「寝たきり青年」と呼ばれる始末。

大学時代は本郷というところに住んでいましたが、同じような仲間は、僕も含めて「寝たきり青年隊」というありがたい称号も(笑)。
d0047811_23244739.jpg


話は飛びますが、高槻は教育に力を入れています。予算も中身も。現に僕の妹が佐賀で小学校の教師なんですが、彼女いわく、高槻の教育には学ぶべきところが多いって言うくらいです。

今日はその教育の分野で大阪府庁にT部長と共に相談に出張しましたが、あまりにも、後ろ向きで悲しくなりました。中身はここで書くわけにはいきませんが、いつか、僕らが言っていることが正しいか、大阪府の職員の方が正しいか、歴史が証明すると思います。

d0047811_2325223.jpg


夜は妻と家の近くを散歩。そのときに、高槻北郵便局の職員の皆さんの朝礼の様子やサービスに感動したとのこと。別に僕が総務省だからというわけでないんですが、小泉さんの郵政民営化にかける意気込みと市民の一般感情に相当なずれがあるような気が未だにしています。
d0047811_23254698.jpg

もし、総理がどうしても国民負担を語るのであれば、やっぱり収入に対する郵政への負担を語らなければいけないと思います。例えば、所得が月30万で、そのうち、郵政への負担が5万なのか5千円かで全然違うわけですから。僕の同僚(総務省)はそんな試算は出来ないと言ってますし、別のシンクタンクの友人はできるよ!って言っているのですが。

長くなりました。夜は、山口果物のフルーツポンチで終了。最高に美味しかったです。瀧田さん、またまたありがとうございました。
d0047811_2324207.jpg


(画像は、自宅のベランダ花壇の花、アンコールワット、山口果物です。ちなみに最後の写真の器は琉球ガラス。高かったですが、器で大きく味が変わるのは面白いものです。)
by fromhotelhibiscus | 2005-06-23 23:29
<< 岡山へ 一日のメモ >>