武雄市いのしし課

今朝のテレビ朝日系のスーパーモーニング、ご覧頂いたでしょうか?

10分の特集でした。

今年4月に営業部に溝上課長、江口さんから成るいのしし課を設置しましたが、まさか、ここまで取り上げられるようになるとは、夢にも思わず。

というのも、いのしし対策はどの自治体でもやっているからです。
d0047811_18124032.jpg


僕自身よく質問されるのは、なぜ、武雄だけがこんなに注目を集めるのか?ですが、無理な固い計画を立てずに、柔らかい仕掛けに知恵を絞りました。雑感日記さんも着目される市民ブログのおかげで口コミからマスコミに波及。また、こんなブログも
d0047811_18133451.jpg

いのしし課(行政)-いのしし会議(民間)-いのししパトロール(現場)のトライアングル関係を構築する、
②いのしし被害対策には、現場の意見を聞いて、十分な予算を確保する、
③猟友会と組んで、いのしし肉を特産化する、
d0047811_18135463.jpg

という原則を打ちたてました。政治レベルでは、石丸・稲富両県議と私とでトライアングル。石丸県議は現地対応、稲富県議は県庁対応を主に担って頂き、私は両者からいつもアドバイス、そして、これを受けて国対応。

あとはネーミング。有害鳥獣対策課などとはせずに、ストレートに「いのしし課」にしたのが良かったですね。いのしし課もそうですが、猟友会の皆さんを始め、人に恵まれたのも極めて大きい。
d0047811_18144392.jpg

その結果、行政視察や見学が相次いで嬉しい悲鳴を上げています。武雄市役所の場合、朝ズバッ!やこのスパモニに頻繁に取り上げられていますが、今日の放映後もいのしし課にはいのしし肉の注文が殺到したとのこと。
d0047811_18141453.jpg


いのしし対策に本腰を入れようと思ったのは、このブログでも書きましたが、スパモニも特集したリコールに伴う市長選で、一人で、本格的に地域を周ったこと。日によっては10キロくらい田畑を見ながら、農家の皆さんに悲痛な意見を聞いてまわったこと。これを何とか活かそうと思ったこと。
d0047811_1815787.jpg

また、自分自身が、学生時代、ヨーロッパに旅をして、宿泊費等は削りに削っても食費だけはふんだんにお金をかけて、そこで巡り合ったのが、本場のジビエ料理。今日は、中目黒のトロワ・ピエロが取り上げられていましたが、鹿や鳩は料理いかんでは最高に美味い。
d0047811_18153154.jpg

いのししは、京都のイタリアンの名店イル・パッパラルドで開眼。ここのいのしし肉のボロネーゼは背中がぞっとするくらいに美味いのです。

いのししというマイナスの財産をプラスの財産へ。私たち武雄市民の挑戦は続きます。
by fromhotelhibiscus | 2009-10-05 18:47
<< 微笑みの国タイ 武雄町運動会 >>