ナビンさん

d0047811_23221679.jpg

今晩、仕事が終わって、またまた瀧田さんと先週末マンゴーラッシーをご馳走になった「ナビン」へ。インドには脚を運んだことはないものの、インド料理は大好きで東京時代、赤坂の名店「タージ」(ここはランチは安い。)、上野の「デリー」に頻繁に通ってました。今は神戸三宮の「ショナルパ」へ。

自分でもカレーはよく作りますが、出来不出来の差が大きいです。

話は戻りますが、この「ナビン」は最高でした。これで、「タージ」の夢は見なくてすみそうです。何が美味しいかというと、スパイスに限れば、スパイスの使い方が単純で塩の力に頼っていないために、体にすっと入ってくる感じ、爽快感がたまらなくいいのです。
d0047811_2354698.jpg

あとインド人のご夫妻が切り盛りされているお店の雰囲気。自分の家かって勘違いしてしまいます。紹介していただいた瀧田さん、重ねてありがとうございました。
d0047811_23522185.jpg

先週末行って感激した「このは」、この「ナビン」、そして、「なかひがし」、僕ら夫婦が通っているのは、値段が高かったり安かったりしますが、妻が言うには、共通点が一つ。それは、夫婦で経営されていて、支店が無いこと。

支店を批判するわけでは全く無いのですが(モス・バーガー大好き派としても)、東京で気になるのは、「あの名店が!」と思ったところが次々に支店を出して、味を落としていることです。ざっと挙げただけでも10店はくだりません。一番がっくりきたのは、洋食の「ドン・ピエール」とイタリアンの「アル・ポルト」です。思わず悲しくなってしまいました。行政(市役所)もそうかもしれませんが、人的要因と適正な規模というものがあるんでしょうね。

でも、そんな浮世離れした思いよりも、我が家のエンゲル係数が今月は異常に高いので、かなり押さえた生活を送ろうと思います。「粗食便り」をやるかもしれません。U主幹さんから「似合わない!」って声が聞こえてきそうですが。

●今日は三室戸寺です。
d0047811_23214397.jpg
d0047811_23215787.jpg

d0047811_23223068.jpg
d0047811_23224357.jpg
d0047811_23231237.jpg
d0047811_23233833.jpg

by fromhotelhibiscus | 2005-06-21 23:12
<< 一日のメモ マッセOSAKA >>